ホーム > メニュー > 歯が抜けた方へ

歯が抜けた方へ

歯並びがくずれてしまう前に

歯並びがくずれてしまう前にのイメージ

もし、虫歯やぶつけた衝撃などで歯を失ってしまったら、できるだけ早く抜けた部分を補填することをおすすめします。
歯は上下左右お互いに支え合っているものなので、1本失っただけでも、全体の歯並びがくずれていってしまいます。たとえば下の奥歯を1本失えば、上の歯が噛み合わせの相手を探して伸びてきますし、支えを失った両隣の歯も空いたスペースに向けて倒れ込んでいきます。
失った歯を補填するための治療法は大きく分けて、部分入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つがあります。それぞれには特有のメリット・デメリットがあり、費用も異なります。当クリニックでは患者様のお口の状況やご希望に合わせて、最良の治療をご提案させていただいています。
歯を失ってしまった方、歯並びを守るためにも、なるべく早くご相談ください。

ブリッジ

両隣の歯を土台として橋渡しをするように欠損部を補填していく治療法です。入れ歯と比べると安定性に優れますが、土台をつくるために両隣の歯を削らなくてはいけないというデメリットもあります。

部分入れ歯

部分的な入れ歯で、欠損部を補填します。ブリッジのようにほかの健康な歯を削ることはありません。ただ、安定性が劣るので装着時に多少の違和感があります。

インプラント

欠損部の下に位置するあごの骨に直接、人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせます。安定性に優れているので元々の歯と同じ感覚でものを噛め、見た目も自然の歯と遜色がありません。人工の歯根となるインプラントの素材にはチタンが用いられていますので、アレルギーの心配も基本的にはありません。治療には小手術が必要になります。

アクセス

大きい地図を見る住所〒101-8011
東京都千代田区神田駿河台3-11-1
三井住友海上駿河台新館ビル地下1階
診療時間平日 10:00~19:00
休診日 日曜日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら